• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
【1/30〜2/11限定】

冬の乾燥!保湿キャンペーン!

期間限定10%OFF♪

【対象製品】

・セクステットフラワリングオイル
・セクステットリーファオイル
・メゾンドナチュロパシーオイル4種
・ボタニカルレメディバスソルト4種
・ボタニカルレメディホイップクリーム4種
・雲の上はいつも晴れ 万頃瑠璃ジェル美容液

ムラサキノオーガニック スカルプエッセンス(養毛料)

5500円以上で送料無料!

ムラサキノオーガニック スカルプエッセンス(養毛料)
¥3,960
【MURASAKI no ORGANIC】スカルプエッセンス 155ml

▶こんな方に
産後脱毛や更年期での抜け毛が気になる方にも

▶製品特徴

滋賀県産ムラサキ根エキスをはじめとした6つの植物エッセンスを配合。紫外線やストレスなどで乱れた頭皮環境を整え毛髪にハリ、こしを与えます。長野県産のペパーミント水(※)を配合してすっきりとした香りと爽やかな使い心地、性別に関わらずご使用いただけます。(※)セイヨウハッカ花/葉/茎水

【内容量】155ml

▶全成分
水、セイヨウハッカ水/葉/茎水、エタノール、グリセリン、リゾレシチン、メントール、プロバンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、ローズ油、オレンジ果皮油、マグワ根皮エキス、ムラサキ根エキス(※)、マンダリンオレンジ果皮油、センブリエキス、アロエベラ液汁、オタネニンジン根エキス、ハッカ油、ニオイテンジクアオイ油、フユムシナツクサタケエキス、ツユクサ葉/花/茎エキス(※)、シアノコバラミン、褐藻エキス、クエン酸 (※)滋賀県産原料

▶ストーリー
—根に宿るチカラ、山々と琵琶湖に抱かれた豊穣の地に咲く絶滅危惧種“紫草(ムラサキ)”

琵琶湖の東に位置する滋賀県・東近江市。鈴鹿の山々と琵琶湖に抱かれた自然豊かなこの地で、万葉の時代から栽培されているのが、市の花にも指定されている「紫草(ムラサキ)」です。根の部分である「紫根(シコン)」が紫色をしていることに由来する紫草は、古くから「冠位十二階位最高位」の「濃紫(こきむらさき)」の染料として用いられてきたほか、ヤケドや傷薬の特効薬として愛されてきました。しかし紫草は、地球温暖化を原因とする環境の変化で栽培が難しいため環境省の絶滅危惧種に登録されており、東近江市においても死滅率が95%を超える年もあるほどです。ところがこの度、標高400m以上の冷涼な気候に恵まれた奥永源寺地域において「紫草」の栽培に新たに成功し、地域活性化のシンボルとして、その「花」を咲かせるようになりました。

—女性の美しさの枕詞になってほしい
東近江市の近江鉄道市辺駅を北へ行った、船岡⼭の⼀帯は、古くから蒲⽣野(がもうの)と呼ばれ、朝廷の遊猟の地となっていました。『⽇本書紀』には、西暦668年、天智天皇一行が当地へ遊猟に訪れた記録が残っており、『万葉集』の代表的な恋歌である、「額⽥王(ぬかたのおおきみ)」と「大海人皇子(おおあまのみこ:天智天皇の弟で、後の天武天皇)の相聞歌が、この地で詠まれました。

「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守りは見ずや 君が袖ふる」(額田王)
「紫草の にほへる妹を 憎くあらば ⼈妻故に われ恋ひめやも」(大海人皇子)
当時、求愛のしるしであった袖を振る合図を、野守(野の番人)に見られないかと心配する額田王に、大海人皇子は、あなたを憎らしく思うことができたなら、⼈妻のあなたに恋をすることもないのにと、激しい恋情を詠んだ歌を返します。そんな和歌にも詠まれる「紫草(ムラサキ)」は、その美しさから「美しい」や、「高貴なもの」の枕詞として和歌で使われてきたのです。
紫草のように、女性の美しさの枕詞になってほしい。

そんな願いを込め、希少な国産紫根を使用した化粧品シリーズ「MURASAKI no organic」が誕生いたしました。

5500円以上で送料無料!

【MURASAKI no ORGANIC】スカルプエッセンス 155ml

▶こんな方に
産後脱毛や更年期での抜け毛が気になる方にも

▶製品特徴

滋賀県産ムラサキ根エキスをはじめとした6つの植物エッセンスを配合。紫外線やストレスなどで乱れた頭皮環境を整え毛髪にハリ、こしを与えます。長野県産のペパーミント水(※)を配合してすっきりとした香りと爽やかな使い心地、性別に関わらずご使用いただけます。(※)セイヨウハッカ花/葉/茎水

【内容量】155ml

▶全成分
水、セイヨウハッカ水/葉/茎水、エタノール、グリセリン、リゾレシチン、メントール、プロバンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、ローズ油、オレンジ果皮油、マグワ根皮エキス、ムラサキ根エキス(※)、マンダリンオレンジ果皮油、センブリエキス、アロエベラ液汁、オタネニンジン根エキス、ハッカ油、ニオイテンジクアオイ油、フユムシナツクサタケエキス、ツユクサ葉/花/茎エキス(※)、シアノコバラミン、褐藻エキス、クエン酸 (※)滋賀県産原料

▶ストーリー
—根に宿るチカラ、山々と琵琶湖に抱かれた豊穣の地に咲く絶滅危惧種“紫草(ムラサキ)”

琵琶湖の東に位置する滋賀県・東近江市。鈴鹿の山々と琵琶湖に抱かれた自然豊かなこの地で、万葉の時代から栽培されているのが、市の花にも指定されている「紫草(ムラサキ)」です。根の部分である「紫根(シコン)」が紫色をしていることに由来する紫草は、古くから「冠位十二階位最高位」の「濃紫(こきむらさき)」の染料として用いられてきたほか、ヤケドや傷薬の特効薬として愛されてきました。しかし紫草は、地球温暖化を原因とする環境の変化で栽培が難しいため環境省の絶滅危惧種に登録されており、東近江市においても死滅率が95%を超える年もあるほどです。ところがこの度、標高400m以上の冷涼な気候に恵まれた奥永源寺地域において「紫草」の栽培に新たに成功し、地域活性化のシンボルとして、その「花」を咲かせるようになりました。

—女性の美しさの枕詞になってほしい
東近江市の近江鉄道市辺駅を北へ行った、船岡⼭の⼀帯は、古くから蒲⽣野(がもうの)と呼ばれ、朝廷の遊猟の地となっていました。『⽇本書紀』には、西暦668年、天智天皇一行が当地へ遊猟に訪れた記録が残っており、『万葉集』の代表的な恋歌である、「額⽥王(ぬかたのおおきみ)」と「大海人皇子(おおあまのみこ:天智天皇の弟で、後の天武天皇)の相聞歌が、この地で詠まれました。

「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守りは見ずや 君が袖ふる」(額田王)
「紫草の にほへる妹を 憎くあらば ⼈妻故に われ恋ひめやも」(大海人皇子)
当時、求愛のしるしであった袖を振る合図を、野守(野の番人)に見られないかと心配する額田王に、大海人皇子は、あなたを憎らしく思うことができたなら、⼈妻のあなたに恋をすることもないのにと、激しい恋情を詠んだ歌を返します。そんな和歌にも詠まれる「紫草(ムラサキ)」は、その美しさから「美しい」や、「高貴なもの」の枕詞として和歌で使われてきたのです。
紫草のように、女性の美しさの枕詞になってほしい。

そんな願いを込め、希少な国産紫根を使用した化粧品シリーズ「MURASAKI no organic」が誕生いたしました。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

※この商品は、最短で2月1日(水)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥570
  • 店頭受取(ARIRIAで受取)

    ARIRIAにて受取る(受取日時はご確認のメールを送付いたします)

    全国一律 ¥0

ショップの評価

【MURASAKI no ORGANIC】スカルプエッセンス 155ml

▶こんな方に
産後脱毛や更年期での抜け毛が気になる方にも

▶製品特徴

滋賀県産ムラサキ根エキスをはじめとした6つの植物エッセンスを配合。紫外線やストレスなどで乱れた頭皮環境を整え毛髪にハリ、こしを与えます。長野県産のペパーミント水(※)を配合してすっきりとした香りと爽やかな使い心地、性別に関わらずご使用いただけます。(※)セイヨウハッカ花/葉/茎水

【内容量】155ml

▶全成分
水、セイヨウハッカ水/葉/茎水、エタノール、グリセリン、リゾレシチン、メントール、プロバンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、ローズ油、オレンジ果皮油、マグワ根皮エキス、ムラサキ根エキス(※)、マンダリンオレンジ果皮油、センブリエキス、アロエベラ液汁、オタネニンジン根エキス、ハッカ油、ニオイテンジクアオイ油、フユムシナツクサタケエキス、ツユクサ葉/花/茎エキス(※)、シアノコバラミン、褐藻エキス、クエン酸 (※)滋賀県産原料

▶ストーリー
—根に宿るチカラ、山々と琵琶湖に抱かれた豊穣の地に咲く絶滅危惧種“紫草(ムラサキ)”

琵琶湖の東に位置する滋賀県・東近江市。鈴鹿の山々と琵琶湖に抱かれた自然豊かなこの地で、万葉の時代から栽培されているのが、市の花にも指定されている「紫草(ムラサキ)」です。根の部分である「紫根(シコン)」が紫色をしていることに由来する紫草は、古くから「冠位十二階位最高位」の「濃紫(こきむらさき)」の染料として用いられてきたほか、ヤケドや傷薬の特効薬として愛されてきました。しかし紫草は、地球温暖化を原因とする環境の変化で栽培が難しいため環境省の絶滅危惧種に登録されており、東近江市においても死滅率が95%を超える年もあるほどです。ところがこの度、標高400m以上の冷涼な気候に恵まれた奥永源寺地域において「紫草」の栽培に新たに成功し、地域活性化のシンボルとして、その「花」を咲かせるようになりました。

—女性の美しさの枕詞になってほしい
東近江市の近江鉄道市辺駅を北へ行った、船岡⼭の⼀帯は、古くから蒲⽣野(がもうの)と呼ばれ、朝廷の遊猟の地となっていました。『⽇本書紀』には、西暦668年、天智天皇一行が当地へ遊猟に訪れた記録が残っており、『万葉集』の代表的な恋歌である、「額⽥王(ぬかたのおおきみ)」と「大海人皇子(おおあまのみこ:天智天皇の弟で、後の天武天皇)の相聞歌が、この地で詠まれました。

「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守りは見ずや 君が袖ふる」(額田王)
「紫草の にほへる妹を 憎くあらば ⼈妻故に われ恋ひめやも」(大海人皇子)
当時、求愛のしるしであった袖を振る合図を、野守(野の番人)に見られないかと心配する額田王に、大海人皇子は、あなたを憎らしく思うことができたなら、⼈妻のあなたに恋をすることもないのにと、激しい恋情を詠んだ歌を返します。そんな和歌にも詠まれる「紫草(ムラサキ)」は、その美しさから「美しい」や、「高貴なもの」の枕詞として和歌で使われてきたのです。
紫草のように、女性の美しさの枕詞になってほしい。

そんな願いを込め、希少な国産紫根を使用した化粧品シリーズ「MURASAKI no organic」が誕生いたしました。
通報する
植物美容屋│ARIRIA│オーガニックコスメ/ナチュラルコスメ/無添加コスメ
福島県いわき市泉滝尻2丁目8-3
TEL: 070-7545-4210
E-mail:ariria.net@gmail.com

メールマガジンを受け取る